蘇州市サイエンスシティ(蘇州科技城)

サイエンスシティは蘇州高新区の西側に位置しています。太湖に臨み、約25平方キロメートルの面積を持ち、蘇州環状高速にそのまま繋がる交通の要所でもあります。
中国科技部・江蘇省政府及び蘇州市政府が提携し建設した研究開発および、その成果の事業化を図る基地で、蘇州市が「新興国際科学技術都市10大プロジェクト」の一つとして掲げる重要テーマです。

概要

周辺地域との協調のもとに科学技術・そこで働く人々・自然と文化が融合したユニークな国際的クラスターの形成を目指しています。
また、他開発区に先駆けて知的所有権管理専門部門が設けられ、企業・研究機関を積極的にサポートする体制がとられています。

三大機能区(右図)
  • 産業エリア(9平方キロメートル)
    1. 電子通信
    2. 装置産業等
    3. 中核産業(新エネルギーなど)
  • CBDエリア(5平方キロメートル)
    1. 住宅団地、学校、銀行
    2. レジャー
    3. ビジネス
  • 研究開発エリア
    1. マイクロシステムパーク
    2. ソフトウェアパーク
    3. バイオテクパーク

進出が期待される分野

  • 先端技術分野(デジタルメディア、集積回路、フォトエレクトロンなど)
  • 先端的製品の製造・産業化プロジェクト
  • 先端的測定技術分野
  • 大学研究機構