ホーム > エリア紹介 > 国際教育パーク(国際教育園)

国際教育パーク(国際教育園)

写真:国際教育パーク(国際教育園)

2002年7月、蘇州市政府は経済及び社会の発展に寄与する職業教育開発を目指し、上方山・石湖景勝地内に国際教育園の設立を決定しました。これによって、蘇州市に散在してきた各職業専門学校及び一部大学の蘇州高新区キャンパスを一つの地域に集中させ、教育資源の統合により、企業にハイスキルを持つ人材を提供できる基地となります。

概要

蘇州国際教育園は蘇州市の南西部、著名な上方山と石湖風景区に位置します。北は胥江に臨み、活気溢れる高新区と接します。東は石湖を傍らに、快速道路や環状高速によって旧市街と繋がります。面積は10.66平方キロメートルで、蘇州市の重点プロジェクトとして2002年7月に着工しました。第一期の開発面積は6.7平方キロメートルで2007年末に完成しました。現在、教育園には大学、学院、専門学校など14校で、在校生は10万人に達しています。

ページトップへ戻る

蘇州国際教育園

写真:蘇州国際教育園

写真:蘇州国際教育園の様子

写真:蘇州国際教育園の風景

設立背景

1980年以降、蘇州での職業教育は改革の意欲に支えられているとともに、経済成長に伴い、産業構造の調整、都市化の進展、産業技術の革新、経済活動のグローバル化といった要素は、労働市場で多くの挑戦をもたらしましたが、最も喫緊の課題は、経済成長を支える基盤となるハイスキルを持った人材の不足という状況です。
熟練労働者の需要と供給には大きな格差が存在しており、とくに高級熟練労働者、技師、高級技師ではその状況は顕著なものとなっています。そのため、蘇州において、特に1,600社以上の外資企業と7,000社の民営企業をもっている高新区にとっては職業訓練開発の強化は緊迫な課題となっています。

運営目標

高等職業教育を主とし、人材の実用化を図ります。
開放式の学校運営と教育資源共有をもって、教育・文化・観光などの要素が融合したニュータウンを目指します。
国内外の学校と提携運営のモデル実験基地を狙います。
近代的な教育と自然文化を一体化させた教育観光スポットにします。

既存学校

  • 蘇州大学文正学院
  • 蘇州藍纓学校
  • 蘇州科技学院
  • 蘇州工業職業技術学院
  • 蘇州旅遊財経高等職業技術学校
  • 蘇州機電高等職業技術学校
  • 蘇州医薬中専
  • 江蘇省外国語学校
  • 蘇州学院
  • 蘇州工芸美術職業技術学院
  • 蘇州経貿職業技術学院
  • 蘇州建設交通高等職業技術学校
  • 蘇州衛星学校
  • 蘇州語言専修学院

蘇州市人民政府 蘇州高新区 〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ森タワー16階 TEL.03-5776-2183(代表)

Copyright © 2010 蘇州市人民政府 蘇州高新区