高新区樹山村:一連の政策で観光の振興と品質向上

 暖かい春風が一夜にして千樹梨の花を咲かせ、新型コロナウイルス終息を迎えた農村観光業は徐々に回復しつつあり、より良い観光環境を作り、安心、安全で多くのお客様をレジャーに導くため、高新区通安鎮樹山村は「コンビネーション拳法」を打ち出しました。観光地管理の最適化、オンライン宣伝を駆使し、レジャーの品質を高めるなどを通じて、コロナ終息後のこの期間をレジャー促進の黄金期と捉え、レジャー消費の振興を加速しょうと狙っています。3月21日、「2020蘇州・樹山の春」梨花シーズンの開幕式が予定通り行われ、春節以来の第一陣の観光客が樹山村の新しい変化に気付きました。

適切な管理、観光スポットを開放

 3月21日早朝、市民呂さんは家族を連れて樹山にやって来ました。身分証と個人の蘇城コードと予約した二次元コードを提示して、体温を測った後、呂さん一家は観光スポットに入り、暖かい春の光を浴び、春の息吹を感じました。

「マスクをして、観光客同士の距離も保っていますが、美しい春色は少しも目減りされていません。」呂さんは記者に「観光スポットは春節の休園中に管理をアップグレードし、コロナ後の樹山村はもっと美しくなったよ。」

観光客の集中を避けるため、樹山村は「閉鎖式予約制」による観光スポットの再開方式を模索しています。毎日「8時ー13時」と「13時ー18時」の2つの時間帯を設け、各時間帯に最大2000名が予約可能の「時間帯予約制」を導入し、予約済みの観光客は発行されたQRコードで入園します。3月18日に予約システムが運用開始され、21日までに既に14000名以上の観光客が利用しています。

事業者への支援、業種転換の誘導、アップグレードの促進

山村の新しい変化は、観光客に賞賛されると同時に、観光地に入居している商店主にも歓迎されています。

新冠肺炎の発生以来、山村の農家が自主的に営業を停止し、積極的に疫病防止活動に協力していました。疫病の状況が緩和されるにつれて、山村の商店も積極的に復活を計画しています。観光地の開放初日には、樹山村の民宿、農家楽が全面的に営業再開しました。観光地区管理委員会の指導のもと、樹山村の民宿、農家楽、コンテンツ文化業など様々な業種も「自己アップグレード」に努めています。

サービスと品質を向上させ、農村レジャー産業を力強くバックアップ

コロナウイルスとの戦いは勝利の兆しが見え始めましたが、どうやって農村観光を復興させ、「迅速な振興、品質アップグレード」に取り込むか樹山村と事業者にとって直面する課題です。

陳進さんは民宿の「ここ、木山」のオーナーで、コロナウイルスの影響によって、春節期間中に部屋の予約が難しい民宿が、一夜ですべての注文がキャンセルされました。

この間、彼女は村の他の民宿業者のように、特色を発掘し、リスクに対する抵抗力を高め、地元の地鶏、茶葉、枇杷、楊梅などの優良農産物を民宿に導入し、観光客の体験を豊かにするとともに、民宿の収入源も増えた。これらの努力を通じて、営業再開の初日は民宿の予約がいっぱいになりました。「ゼロから再出発」の田舎レジャーに対して、彼女は依然として自信満々です。