9月27日、新しい蘇州高新区淮海街(日本街)がオープンしました。

 

まぶしい照明、すばらしい商店

歩き切れない市、食べきれない美食

    久しぶりにリニューアルされた淮海街が綺麗に再開

     

    「姑蘇8時半 快適夜同伴」第4四半期のイベント

     27日の夜も淮海街で開催されます。

    蘇州市委員会副書記、李亜平市長、日本駐上海副総領事福田高幹、万科グループ副総裁、上海地区総経理張海、蘇州市人民代表大会常務委員会主任陳振一、蘇州市政協主席周偉強、蘇州市委常務委員、宣伝部部長金潔、蘇州市副市長楊知評、王飏、蘇州市政府秘書長周偉、蘇州高新区党工委書記、虎丘区委書記の方文浜、蘇州高新区党工委副書記、区長毛偉、区リーダー戴軍、張国暢、朱熹紅、王牟、虞美華、施国華が出席した。

     

    リニューアル後の淮海街

    日本的な風流な趣が出ています。

     

    夜の淮海街

    ネオンが点滅していて、急に明るくなったり暗くなったりする縦に細長い店があります。

    独特の風情が顔をのぞかせている。

     

    面目を一新する立面景観設計 おしゃれな外振子エリアが追加されました。

    街全体に独自の風情を持たせ、 濃厚なビジネスの雰囲気だけではなく 個人の楽しい体験もアップしました。

    新顔の淮海街

    グルメは相変わらず絶対的な主役です。

    今回のリニューアルで人気の日本料理店が全部帰ってきました。

    もちろん日本式居酒屋、クラブも少なくありません。

      

    淮海街は歩行区域の幅を広げました。

    元あった道端の駐車スペースを無くしました。

    足を止めて見ても歩きながら見ても良いです。

    街の魅力を体験できます。

     

    全く新しい淮海街

    さらなる特色と品格がある街です。

    さらなる文化と気品がある街です。

    淮海小劇場、日本現代芸術彫刻なども増設しています。

    同時に淮海街でも文化的および創造的な産業の探求を行っています。

    新しく発売された、ブランド書、イメージキャラクター「桂花ちゃん」及び周辺商品

    未来の淮海街

    季節限定商品、文化ブランドとの提携活動などの形で

    長足の地、淮海街はそのブランドにより活力を持続します。

     

    新顔の淮海街

    快適、ビジネス、快適、持続可能な街になります。

    成功を目論む

    蘇州の夜の経済ブランドの新しいランドマーク

    蘇州都市の新しいモデル

    高新区の「日系高地」の新しい名刺

    今回の改修プロジェクトは、まず地下インフラ総合管理網を新たに敷設し、街の雨量を分散させ、電力を増量し、5 Gが全域をカバーし、街をより環境に優しくし、より「インテリジェント」にしました。

    同時に日本の特色と文化を結び付けて、多階層、多区域で景観の美しい公共空間の形成を行い、文化ノードの埋め込みを進め、連続的、文化的で、多様な町並み景観を形成します。

     

    全長約550メートルの淮海街を歩いています。

    感じるのは日本式美食街だけではなく、もっと高新区の先進的な力が感じられます。

    鮮明な特色を持つ 日本企業の投資と開発を促す「ソフト面の環境」も整備